オートバイ修理・カスタム・新車中古車・パーツ販売|広島市南区大州|Bike shop MotoRide(モトライド)

お問い合わせフォームはこちら|Bike shop Moto Ride|オートバイ修理・カスタム・新車中古車販売|Bike shop MotoRide
ハセヤンBLOG|オートバイ修理・カスタム・新車中古車販売|広島市南区大州|Bike shop MotoRide

スズキの新型車紹介~ アドレス125編

2017/10/07 00:27:02
どうもタムです。

今日は原付2種の新スクーター、アドレス125をご紹介!

今までスズキの原付2種スクーターの主力は、アドレス“V”125シリーズでした。

ところがこの度の規制で生産不可に。

代わりに新しく登場したのが、アドレス125です。



アドレスV125Sと違うところを主に紹介しましょう。

まずは、タイヤ&ホイール。



前後10インチだったV125Sから前12インチ、後ろ10インチになりました。

12インチの安定性と10インチの経済性のいいとこどりでしょうか。

ホイールは、アルミ製になりました。



エンジンは50ccスクーターと同じくSEPエンジンが搭載されています。

パワーはV125Sに比べ、少しだけダウンしているものの、

ゼロ発進等はこちらのほうが早いという感想も聞いています。(感じ方には個人差があります)



メーター周りはシンプルな作りに。

時計やトリップメーターなどの便利だった機能は省かれています。



メットインはV125S同様狭めのよう。

フルフェイスヘルメットが、入るか入らないかという感じのようです。

フロントのポケットは、500mlのペットボトルが一本ずつ入るよう。

鞄などをかけられるフックも付いています。



カラーは、ホワイト、ブラック、レッドの3色。

真横からの画像だと分かりやすいですが、車体はやや大きくなっています。

ちょうどヤマハのシグナスXと同じ位のようです。

重量で言えばこちらのほうが10kgほど軽いですが。

良い点、悪い点、いろいろありそうですが、一番の魅力は価格ではないでしょうか。

機能を絞った結果、税抜き205,000円という価格という安さに。

V125S比で44,000円安くなっています。

機能は必要最小限あればいいから安いスクーターが良い、

という方にはうってつけです。

そして今なら、



オリジナルバッグのプレゼントキャンペーンを実施中!

来年3月31日までの期間限定ですのでお早めに。



コメント

コメントはありません